引越し 安い

安い引越し料金に抑える簡単な方法とは

引越し
引越しの見積もり額を下げるには、複数の業者を一括で見積もりをすると安く抑えることができます。複数の引越し業者から見積もりをとることで、約2倍ほどの料金の違いがでてきます。

 

もちろん、一番安い引越し業者がベストだとは必ずしも限りませんが、複数業者に一括見積もりをすることで、大手でも価格が全然違うことに気付きます。金額にすると数万円単位の違いです。

 

一括見積もりは、あなたの旧居から新居までの移動距離や荷物の量など詳細な情報をウェブから書き込みをするだけで、メールで見積もり金額を教えてくれます。

 

 

わざわざ複数の業者を自宅まで呼ぶ手間もなく、相場の目安がメールだけでわかる。

 

また、メールでのやりとりだけなので、
電話でのウザい勧誘を受けることもないので利用しない手はありません。

 

これらをすべて無料でやってくれるのが一括見積もりサイトです。

 

引越し料金を安くする交渉術

引越し業者は上記で説明した通り、一括見積もりで格安業者が見つかるので、そこからさらに他社の見積もりを見せて値引き交渉をすることで安くすることはできます。傾向として、全国エリアに展開している大手は料金が高めです。

 

クロネコヤマト、サカイ、アリさん、ダック、アーク、アート引越しセンターなどですね。ただ、大手業者でもライバル会社や格下の会社の見積もりを見せると、負けるわけにはいかないので、頑張って値引いてくれるところもあるので交渉する余地はあります。

 

家族全員でなく、男性女性問わず独身や出張などで一人暮らしの荷物を引越しする場合は、ヤマトやクロネコの単身パックや赤帽・ハート引越しセンターなどの単身プランを使うのが相場としては一番安く依頼できる傾向があります。

 

運送会社などを使うのも安いです。但し、あくまで一般論なので、移動距離や季節、日程、時間帯などにより、料金は変動するので一括見積もりサービスで、予めどれくらいの相場なのかを先に掴んでおくといいでしょう。

 

ポイントとして交渉の仕方も値段を数万円安くする以外にも、オプションで付くダンボールを増やしてもらう、当日荷造りをスタッフにも手伝ってもらう、など提示料金以外の部分での営業マンとの交渉の仕方もあるので覚えておいてください。

 

季節や日程をずらすと安い

 

やはり、引越し業者の繁忙期は価格が高くなります。3月20日〜4月5日ぐらいが一番忙しい時期です。学生の引越しシーズンですから、一番引越しを依頼する人口が多い期間です。当然通常の値段よりもかなり割高の料金となります。次に、GW期間中と3月上旬中旬と4月下旬です。そして、8月下旬となります。秋は転勤が多いため、その予定に合わせて引越しする人が増えるからです。12月下旬もやや依頼が増える時期です。

 

それを逆手にとって、1月2月などの一番暇な時期に引越しを合わせることができれば、費用は安く抑えることができます。曜日は当然ながら、土日祝を避けるといいです。閑散期なので、通常料金より割引してくれます。

 

一番安くなるのは、仏滅の平日の午後で時間帯を指定しないことです。もちろん、平日は仕事をしているので難しいという人が多いとは思いますが、多くの人があまり利用しない時間帯や曜日を選ぶのが安くなるコツです。

 

いらなくなった不用品は処分する

 

当たり前のことですが、運ぶ荷物が少ないほうが料金は安くなります。使用するトラックの大きさも小さくて済みますし、運搬作業をするプロの従業員も少なくなりますからね。引越しは不用品を処分する絶好の機会です。部屋の中にある物を梱包していくので、日常生活で忘れていた物が必ず出てきます。

 

いつか使うかもと思っていても、何年も使っていないものは思い切って捨ててしまうのもいいでしょう。使わない物を保管しておく新居のスペースが空くのでメリットはあります。現在は不用品の処分にもお金がかかる物もあるので、処分をしてくれるサービスを活用するのも便利な方法です。

 

安い引越会社選びの注意点

 

用意した荷物をただ単にトラックで運んでもらえればいい!というなら関係ない話になりますが、テレビや冷蔵庫、ベッド、洗濯機、エアコン、ソファー、タンスの他に、大事な家具、高額なピアノ、ギターなどの楽器類などがある場合には、賠償責任保険に加入しているかをしっかりと確認しておきましょう。安かろう悪かろうでは後悔することにもなりますからね。

 

あなたが聞いたことのないような小さな引越し業者も世の中にはたくさんあります。しかし、そういったところでもしっかりとした対応や運搬作業をしてくれる評価の良い会社もたくさんあるので、数十社から複数の見積もりをしてくれる一括見積もりサイトは上手く使って、引越し業者との交渉に役立てて欲しいと思います。

 

サイトメニュー

引越し時にやるべき手続き

住民票の変更、印鑑証明、健康保険、の手続き方法やその他住所変更に必要な事柄をリストで紹介しています。

>>詳細を見る

引越し前の下準備のコツ

ダンボールや緩衝材を使った荷物の梱包の仕方や、布団の扱い方など荷造りのコツを紹介しています。

>>詳細を見る

住居や暮らしに役立つ知識

家

暮らしに必要な知識や一人暮らしで役立つこと、引越しに伴う諸々の見落としがちな点を紹介しています。

>>詳細を見る


引越しトラックにのる家族

引越し前の敷金、礼金、家賃の支払いや、荷物を運び込んだ後にも葉書での挨拶状の送付や近所の隣3軒への粗品を持って挨拶、新居に合わせた家具を揃えたりと、いろいろと物入りになることは間違いありません。長距離なら尚更です。業者への費用はできるだけ安いほうが家計も助かるでしょう。その為にも、上記で紹介している一括見積りサイトを利用することをおすすめします。各社の見積りをとるのも費用が一切発生せず、一目で安い業者がわかりますし相場もわかるので、他の運送会社に依頼するにしても交渉しやすいです。掃除も大変ですから、友人に手伝ってもらうなども考えておくといいですね。
なんとしても、安いほうがいいという気持ちがあれば大手の業者であっても値段交渉に応じてくれるところもありますからね。一括見積りサービスを利用したからといって、そこのどこかの会社を使わなければならないというわけでもありません。利用者にとってはメリットしかないものだと思うのです。是非積極的に活用してみてください。