ダンボール 引き取り

ダンボールの引き取りは、まず引越し業者に頼む

引越しした後に邪魔になるダンボールですが、引き取りしてもらう順番としては、引越し業者に一番先に頼みましょう。サカイ、ヤマト、アート、アリさん、日通などの大手であればダンボール引き取りサービスが1回無料で付いているので見積もりの際に確認しておくといいでしょう。

 

2回目の引き取りからは、有料となる業者が多いです。また、引越し業者からもらったダンボール以外のものでも頼めば回収してくれます。但し、ガムテームを剥がしておく、キレイに分けておくなどの気遣いはしておきましょう。

 

中小の引越し業者であれば、トラックのドライバーによって対応がマチマチで持って返ってくれないところもあります。

 

新居のゴミ捨て場へ出す

引っ越し屋さんに頼んでもダンボールを引き取ってもらえなかった場合、これから住む自宅もしくはマンションのごみ捨て場所でダンボールを捨ててしまうといいでしょう。

 

たまにマンションやゴミ捨て場によっては大量のダンボールを廃棄することは禁止されているところもあります。その際は、資源ごみの回収日に出すほうがいいでしょう。

 

裏技としては、一度にダンボールを捨てることをせず、数回にわけてゴミ捨て場に入れていけば回収してくれるマンションもあります。一回に捨てる量が少なければ問題がないところが多いです。

 

なぜなら日常生活をしていると、どこの家庭でも必ずダンボールのゴミは発生するからです。そういった形で処分していけばいいでしょう。これはマンションの管理会社が依頼しているゴミ処理会社にもよるので、対応は変わってきます。

 

そういった事が面倒くさいのであれば、業者に依頼することになってきます。

 

清掃センターや回収業者へ依頼する

自宅やマンションのごみ捨て場でダンボールを処分することができない場合には、近くの清掃センターへ持ち込むか、ダンボール回収業者、リサイクル業者へ別途お願いをして引き取りしてもらうといいでしょう。

 

しかし、この方法は地域ごとに違いますが、持ち込まないといけなかったり、有料になる可能性が高いです。個人でも不要な品の廃棄処分にお金がかかる時代になっています。

 

最近は見かけることが少なくなりましたが、古新聞・古雑誌などの古紙を回収して回っている軽トラのおじさんがいれば、お願いをする方法もありますが、いつ会えるかわからないのが難点です。

 

理想としては、引き取りしてくれる引っ越し業者を選ぶようにするか、少量づつゴミ捨てをしていくのが、お金をかけずに楽にダンボールを処分する方法になります。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法