建て替え 引っ越し 荷物預かり

建て替え時の荷物預かり場所を検証

荷物を管理する人

家をリフォームや建て替えするときに考えておきたいのは、往復で2度引っ越しするので仮住まいには大きな家具や家電は持ち込まないほうが引っ越し費用を抑えることができます。

 

もちろん、生活に必要なものは仮住まいにも置いておく必要はありますけどもね。

 

ですが、無くても問題のない大きなサイズの物についてはトランクルームやレンタルボックスに預けておくのが一般的です。

 

そのほうが仮住まいが小さくても広く使うことができますよ。

 

 

また、引っ越し業者の中には荷物預かりサービスをしてくれているところも増えてきているので、トランクルームなどの預かり所と値段を比べてみるといいでしょう。
建て替えの場合は引っ越しを2回するので、別々の引っ越し業を使うよりは、同じ業者を使ったほうが費用は安くなるでしょう。

 

 

引越し建て替えパックもあります

 

主な引越し業者は建て替えパックやプランを用意しているところもあるので、荷物預かりと含めて費用の見積もりを請求してみるといいでしょう。この際も、1回ごとに別の業者に頼んで、荷物預かりも個別に頼んだ際の値段と比べるようにしましょう。

 

見積もりを比べるのが何よりも安く費用を抑えるコツです。また、もっと値段を下げられないか引っ越し業者としっかりと交渉しておきましょう。

 

他社の値段を伝えると頑張って値下げしてくれる会社もあります。建て替えの時期はやることが多くて慌しくなりがちですが、落ち着いて冷静に荷物の仕分けをしてください。いらない物を捨てるのは新居へ移動してからでもいいですよ。

 


チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法