引っ越し フローリング 傷

引っ越し時に気になるフローリングの傷の負担割合

フローリングを掃除する女性

引っ越しで退去するときに気になるのがフローリングの傷やへこみですね。これらの傷の補修費用がどれぐらいかかるのか?そして、フローリングの補修費用を何割請求されるのか?といったところだと思います。

 

考え方としては、借主の故意によるもの・過失による傷であれば支払い義務が発生します。

 

しかし、生活していく上で自然と磨耗していった場合、時間の経過とともに自然に劣化していった場合は、その補修費用は賃料に含まれているので借主が支払う義務はありません。

 

 

これは国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載されていますので、一読することをおすすめします。しかし、フローリングの傷を借主の過失によるものなのか?劣化によるものなのか?この判断基準が曖昧なのでトラブルの元になりがちです。

 

 

例えば、ベッドなどの家具を模様替えなどで移動したときに付いた傷は、どちらが修理費の負担をするでしょうか?

 

答えは・・・部屋を借りている住人の負担となります。

 

他にも、冷蔵庫やテーブルなど重い家具を長期間置いておいたままのフローリングのへこみ、不注意による水漏れなどでフローリングがふやけてしまった場合などは借主の過失となります。

 

 

椅子のキャスターでフローリングに付いた傷などは、生活する上で起こる範囲と解釈されているので大家さんが負担することになります。

 

 

最終的には大家さんや不動産屋との交渉になってくるのですが、悪徳不動産屋などはフローリングの補修費用と称して全額を借主に請求してくることもあります。ですから、自然磨耗・経年劣化の部分はしっかりと伝えてください。

 

 

フローリングの補修は、傷が付いた場所だけを部分的に修理することはできません。全面張り替えになるので、退去の立会いのときにしっかりと意見を言うようにしてください。

 

何もいわなければそのまま全額請求されることもありますからね。

 

 

フローリングをピカピカにする家庭の知恵

 

これは予断ですが、まるでワックスをかけたようにフローリングをピカピカにする方法をお教えします。退去時に部屋がきれいな方が、大家さんの印象もいいですしね。

 

雑巾やタオルなどで床を水拭きするだけなのですが、ポイントはお米の研ぎ汁を使うことです。お米を洗うときに出る白く濁った水です。

 

この研ぎ汁で雑巾がけするだけで床がピカピカになるので試しにやってみてください。

 


チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法