引越し 軽トラ レンタル

軽トラをレンタルするよりも軽バンを借りよう

軽トラ
引越しをする際に、転居先が同一市内の近距離であったり、一人暮らしで荷物が少ないなどの場合は、

 

軽トラや軽バンをレンタルして一人、もしくは友達と自力で引越ししたほうが、業者に頼むよりもはるかに安く済むことが多いです。

 

もちろん、荷物が少なくても冷蔵庫やベッドなど大きな家具があれば、業者を利用したほうがいいです。

 

 

さて、軽トラをレンタルして引越ししようとする際の注意点として、あなたが持ち運びしようとしている荷物の大きさが、業務用ワゴンに乗る程度の大きさの荷物・家具であれば、軽トラよりもワゴン・バンなどのタイプの車種をレンタルしたほうが良いです。

 

というのも、軽トラであれば荷台に荷物が揺れないようにロープで固定して、雨が降ったり天候が悪ければシートをかぶさなくてはならないからです。

 

お金を安く抑えられる分、手間が増えるのは仕方がないんですけどね。

 

 

後は、大きな荷物のサイズを測って車に乗るかどうかのチェックをするだけです。

 

どうしてもワゴン車に乗らない量であれば、軽トラをレンタルする優先順位でいいでしょう。1日レンタルして約5000円+ガソリン代がかかるぐらいです。

 

そして、ワゴン車や軽トラがレンタルできるレンタカー会社を見つけるといった手順です。

 

 

軽トラで引越しをするデメリットとは

 

荷物が多くなければ軽トラや軽バンのほうが、引越し屋さんに頼むより遥かに安く済むというメリットがありますが、デメリットもあります。

 

当然ですが、労力・手間がかなりかかってしまいます。梱包や荷物の整理に加えて運搬の労力が増えるのは体力をかなり使います。

 

一人暮らしの容量であれば1人でもなんとかなりますが、家族単位の引越しだと、友人に手伝ってもらわないといけなくなりますし、食事をご馳走するなどのお礼もしなくてはならないです。

 

また、旧居から新居までの距離が離れていれば高速代もかかる場合もありますし、荷物が揺れて壊れないように積み方を考える、落ちないように荷台をしっかりと固定する、運転に注意を払うなどの神経も使います。

 

大型家具を運び入れするときに、周りの壁に当ててしまったりして傷をつける可能性も素人ですからあり得ます。

 

以上のことから、冷蔵庫やベッド、ソファー、洗濯機など大型家具だけは、引越し業者に頼んだほうが何かと安心だといえますね。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法