引越し 梱包 クッション材

引越し前の梱包にクッション材は欠かせない?

梱包
引越しする際に注意しておきたいのが、家具やワレモノなどの梱包です。

 

ダンボールがあるからといって安心できないからです。

 

ダンボールに入れただけでは、隙間ができるので緩衝材を利用します。

 

緩衝材といっても大げさなものでなく、発砲スチロールやプチプチなどを連想しますが、ラップと新聞紙・タオルなどの資材があれば十分です。

 

もちろん、何を保護するのかにもよりますが、食器など割れやすいものでも上記に挙げた物で保護できます。

 

 

梱包に使う緩衝材の入手方法

 

タオルやラップは既にある家庭が多いと思いますが、新聞紙がない場合は、親や友達にゆずってもらうか、新聞販売店で少しだけもらえないかお願いしてみるといいでしょう。最悪、コンビ二でスポーツ新聞を買うというのも一つの方法です。一部、百数十円程度で売っています。

 

 

念入りに梱包したい場合、家電や家具などを購入したときのプチプチや発砲スチロールを丁寧にしまっているケースは少ないでしょうから、これらはホームセンターや100円均一などで入手しましょう。

 

言うまでもありませんが、ホームセンターのものより100円均一の緩衝材やラップは質が悪いことが多いです。ですが、その分安く手に入れることができます。

 

 

あとは、ダンボールとの兼ね合いも考えておきましょう。ダンボールも、使用するものによって強度が違ってくるので梱包の力の入れ具合のバランスを考えてみてください。

 

ダンボールは、引越し時のダンボールの入手方法(無料〜高品質まで)を参考にしてください。

 

 

梱包・荷造りの手順やコツについて

 

自分で梱包する際の手順は、引越し当日や前日まで必ず使う物を、一番最初に分別しましょう。そして、当日や前日には使わない物から順番にダンボールに入れていきます。

 

どこまで梱包していくかは悩みどころですが、当日使わないものは全て梱包してしまってOKです。

 

大手の引越し業者であれば、ハンガーBOXやシューズBOXを用意してくれるので、当日まで作業する必要はありませんから予め確認しておきましょう。

 

シューズBOX
ハンガーBOX
(参照:サカイの梱包技術

 

 

梱包作業が終わらないからといって焦る必要はありません。ある程度詰めておけば、当日の引越し時間には引越しスタッフが手伝ってくれたり、アドバイスしてくれたりもします。

 

 

梱包の方法は、引越し時の割れ物の梱包の注意点で詳しく掲載していますが、完全に埋まらない隙間は新聞紙などを丸めて埋めてしまいましょう。

 

ダンボールには引越し屋さんにもわかるように「ワレモノ」「食器」「本・CD」など中身をしっかり書いておきましょうね。

 

 

ダンボールを使えない微妙な大きさの物は、緩衝材で梱包した上から布団や毛布などを掛けて運んでもらうようにするといいです。

 

この部分は引越しスタッフは引越し作業のプロですから、あまり細かく口を出さなくても要領よく運搬してくれます。

 

 

梱包サービスについて

 

引越し業者に梱包まで全てまかせてしまう「梱包サービス」というものもあります。もちろん別途料金はかかってしまいますが、引越しスタッフが代わりにやってくれるので、ほぼ何もしなくていいので楽チンです。

 

梱包の際に立ち会う必要はありますが、テレビやパソコンの配線以外はほぼやってくれます。

 

但し、荷物についたほこりの除去などの掃除はおこなってくれません。

 

自分の持ち物を知らない人に見られる、いらない物まで梱包される、などが気にならなければ依頼してもいいですね。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法