引越し 割れ物 梱包

割れ物の梱包方法のコツやポイント

割れ物
引越しの際に必ず注意しておきたいのが割れ物の梱包作業。

 

割れ物といってグラスや食器などの小物から大型の家具まで様々です。

 

 

グラスや食器などの小物類は、一つづつ新聞紙で包み、エアーキャップ(ぷちぷち)などの緩衝材で隙間を埋めます。

 

 

有名な引越し業者であれば、食器入れボックスといった便利なケースを用意してくれるところもありますが、それが利用できないのであれば、面倒であっても一つづつ梱包するべきです。

 

割れ物の梱包方法
(参照:アート引越しセンター梱包のコツ

 

一つづつ新聞紙をしっかりとテープで止めて、ダンボールに入れる際にできた隙間には新聞紙を入れて隙間を失くす。これが大事です。

 

最悪エアーキャップ等の梱包資材が用意できなければ、布・タオルや新聞紙で巻いて梱包するのも良いかと思います。その際は、できるだけグルグル巻きにしておきましょう。

 

刃物などを梱包する際は、新聞紙よりも厚紙やダンボール紙などを利用するのがベストです。

 

矢印 引越しの際の梱包とクッション材の入手の仕方

 

 

 

大型家具の割れ物を梱包するのは骨が折れますが、分解できるのであれば、最大限に細かく分解しておくのが先です。

 

分解することで、輸送料金も変わってきます。(安くなることが多いです)

 

あとは、小物の割れ物の梱包方法のときとほぼ変わりません。

 

 

毛布やエアーキャップなどでぐるりと梱包してあげ、ダンボールに入れるのであれば隙間を作らないことです。

 

 

 

結局、引越し時に割れ物が割れるのは、隙間があることで配送中に動いて割れてしまうからです。割れる場合はほとんどこのパターンなので。

 

 

引越し業者を使っていれば、これぐらいの梱包で十分です。もちろん割れ物だというアピールやメモ伝達は、しっかりとしておきましょう。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法