ベッドマット 処分方法

ベッドマットを処分する方法は4つ

ベッド

ベッドマットは粗大ごみの部類に入るので、まずはお住まいの自治体へ引き取りが可能かどうか問い合わせましょう。一般的にはベッドマットを引き取りしてくれる自治体は少ないです。もし、引き取りしてもらえるようであれば処分完了です。

 

 

自治体で引き取りができない場合、粗大ごみ回収業者というものがあるのでそこへ連絡してみましょう。

 

ベッドマットはサイズによって値段が変わってくるので、あなたがその値段に合意すれば処分完了です。

 

 

値段が思っていたよりも高くて粗大ごみ回収業者に依頼しないのであれば、リサイクルショップへ持ち込んでみましょう。買い取ってくれれば御の字、例え無料で引き取ってくれてもokですね。

 

リサイクルショップでもベッドマットを引き取りしてくれなければ自分で解体するしかありません。

 

ヤフオクで売るという方法もありますが、汚れていれば入札されるのは難しいでしょう。無料で引き取りしてくれる人を探すのも手です。

 

自分で解体する場合は、かなりの労力がかかります。サイズにもよりますが、数日かかると思ってください。

 

布を切り取り中のウレタンなどの綿を取り除いてからが大変です。特殊なベッドマットでない限り、中にはスプリングが入っています。そのスプリングを本体から一つづつはずしていきます。必要な工具を揃えることで時間短縮は可能です。

 

解体が終われば、「不燃ごみ」と「燃えるごみ」の日に出して終了です。

 

ですが、工具を揃える費用、解体する時間、手間などを加味すると、お金を払って回収してもらうのが効率的な処分方法だと思います。

 

まずは、自治体に聞いてみることから始めてください。

 


チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法