一人暮らし 冷蔵庫 サイズ

一人暮らしの冷蔵庫は中サイズの大きさで十分

冷蔵庫

一人暮らしの際に必要となる冷蔵庫のサイズは大きすぎても邪魔になるだけですし、ビジネスホテルにあるように小さいサイズの50リットル未満のものでも不便です。

 

完全に自宅では調理をしないという場合は小さいサイズの冷蔵庫でもいいですが、たまに料理をすることがあるケースのほうが多いと思います。お酒を頻繁に飲むならば氷なども必要になります。

 

その場合は、冷凍庫が付いている2層式で130〜140リットルの大きさが最適です。自炊の頻度にもよりますが、一人で暮らしていてこのサイズでパンパンになることはまずありません。1日1回料理をするケースでも少し余裕があるぐらいの大きさです。約140リットルのサイズであれば、新しいものでも3万円程度で売っていますよ。

 

但し、6畳ワンルームなどの大きさの部屋であれば、140リットルの冷蔵庫を置くとかなり狭くなるので、50リットルのもので我慢する選択肢もアリだと思います。この場合は、自炊の頻度で決めるといいですね。


一人暮らしの時に冷蔵庫の中身に入れておきたいもの

自炊するのか、しないのかでも冷蔵庫に入れておくものは変わってきますが、調理の手間がいらない物があると疲れているときや忙しいくて時間がないときには便利です。

 

例えば、冷凍食品などですね。レンジでチンすればすぐに食べられるものを常に入れておくといいでしょう。お腹がすいたときにコンビ二や24時間スーパーへ行けばいいだけですが、コンビ二だと高いので冷凍食品などを買い溜めしておくと活躍してくれます。

 

また、基本的に絶えず入れておいたほうがいいものは、アイスノンや冷えピタなど風邪をひいて動けないときに役立つものです。一人暮らしで風邪をひくと、なかなか精神的にもツライので栄養ドリンクなどもあったほうがいいでしょう。

 

ですから、冷蔵庫に何を常備するか考えるときに、あなたが風邪をひいて動けなくなったときにどうしてもあったほうがいいものを入れておくといいですね。

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法