賃貸アパート出るとき

賃貸アパートを出るときのお金に注意しよう

大家さん

大抵は良心的な不動産屋や大家さんである場合が多いですが、中には今だに賃貸アパートを出るときのお金をぼったくるところがあります。いわゆる借主に部屋の修繕費用を全額負担させるところです。

 

賃貸アパートに何年住んでいたか?部屋をどれだけ汚したか?などによって、かかる費用は当然ながら変わってきますが借主が全額支払う必要はありません。

 

なぜなら、誰が住もうと自然に劣化していく「経年劣化」という概念が決められているからです。

 

自然に劣化していく部分は借主のせいではありませんからね。不動産屋なり大家が壁の張替えなどの掃除費用を全額借主に請求するのはおかしいのです。住んだ年数や喫煙の有無など様々な要素によっても変わりますが、大家負担が発生するので全額支払う必要はありません。

 

 

また、経年劣化と合わせて自然損耗という考え方も適用されます。自然損耗とは日常に生活している損耗のことです。「この自然に損耗した分の修理費用については、毎月支払っている家賃に含まれる」と国土交通省のガイドラインで決められているんです。

 

これらの考え方からしても借主に全額請求することはぼったりなんです。

 

ですから、不動産屋からアパートを出るときにかかるお金を請求されても、安易にサインすることなく、請求されている費用の内訳をしっかりと確認して、納得いかない部分はしっかりと交渉して決めることが大切になってきます。

 


賃貸アパートを出るときの連絡はいつまでにする?

賃貸アパートを出るときの連絡は、管理会社もしくは大家さんに1ヶ月前までには連絡しておくのが通常の決まりとなっています。

 

契約の内容が個別に設定されている際は契約の内容が優先されますが、普通は1ヶ月前が常識です。

 

1ヶ月前に退去の連絡ができず数日前から2〜3週間前の連絡になってしまうと、退去の連絡時から1ヶ月分の家賃を支払う必要がでてくるので注意しておきましょう。

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法