バイク 引越し 手続き

バイクの手続きの詳細

バイク
現在の住所と違う県外へいくのか、同じ県内で引越しをするのかでもバイクの手続きの内容は変わってきます。

 

現在お住まいの地域と同じ県内であれば陸運局が変わらないので、住所変更の手続きだけで済みます。

 

基本的な考え方として、陸運局が変わる地域に引越しすれば手続きの内容が増えます。

 

原付バイク(小型自動二輪50cc〜125cc以下)の場合、同一市区町村であれば転居届を役所へ届出するだけでOKです。

 

中型バイク(軽二輪125cc〜250cc以下・普通自動二輪125cc〜400cc以下)や大型バイク(大型自動二輪400cc以上)の引越しでも、陸運局の管轄が同じであれば今までの陸運支局で住所変更の手続きだけでOKです。必要なものは、自賠責保険証明書・新しい住民票・車検証・印鑑です。

 

後は、保険会社へも忘れずに住所変更の連絡を入れておきましょう。バイクだけでなく、運転免許証の住所変更手続きもしておきましょう。

 

 

他県へ引っ越すなどで陸運局も変わる場合の手続き

 

この場合は、引越し先の陸運局で手続きします。税金の申告書や車検証の変更などもろもろの手続きが必要です。用意する持ち物は、同一市区町村の引越しの場合は同じですが、加えてナンバープレートが必要となります。新しいナンバープレートの代金も数百円かかります。

 

申請書などの必要書類がわかりにくい場合は、引越し先の陸運局の窓口で聞けば教えてくれます。
(参照:関東陸運局 オートバイの登録の手続き 住所変更

 

こういった手続きはバイク屋さんなどの業者でも代行してくれますが、代理人を立てるより自分でやったほうが安く済みます。自分でやると、数千円程度です。

 

 

 

ナンバーの変更をしない場合

 

引越ししても、ナンバー変更しないでバイクを乗っている人もいます。警察署で聞くとナンバーは変更して欲しいと言われます。まあ、これは警察が車種などを把握したいので当然のことなんですが。もちろん、陸運局でも言われると思います。

 

それに、別の地域のナンバーを付けているといたずら等のトラブルに合う可能性も無きにしも在らずです。地域にもよりますけれども。

 

 

 

これらの住所変更の手続きは引越し後15日以内です。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法