印鑑登録 住所変更

印鑑登録の住所変更の手続きの詳細

印鑑
住所が変わったら、印鑑登録証の住所変更の手続きもしなければいけないと思いがちですが、新住所が前住所と同じ市内であれば、何もしなくていいです。

 

転居届を出していれば、自動的に変わります。

 

 

市外へ引っ越した場合

 

市外へ転出するのであれば、今までの印鑑登録は無効となるので、改めて新しい住所の役所で印鑑登録をすることになります。

 

ですから、印鑑登録の住所変更という言葉は少し違うのですね。

 

市外へ出る場合、今までのものは無効となるわけですが、不安であれば廃止届けを出すこともできます。自動的に廃止になるので意味はありませんがね。

 

 

ですので、新住所が市外になる場合で、特に印鑑登録証が必要でなければ急いで登録をする必要もないということになります。

 

ただ、必要になる機会はあるので、住民票の住所変更で役所に行った際に手続きしておくと手間が省けます。

 

 

代理人を立てることもできる

 

住所変更があった場合、本人の代わりに代理で窓口で申請することも可能です。その際は、委任状か代理権授与通知書が必要になります。押印するハンコは印鑑登録する実印を押してくださいね。

 

 

場所は?必要書類は?

 

申請は役所の窓口で行います。必要書類等は役所に置いてありますので、本人確認書類(身分証明書)と登録する印鑑を持っていきましょう。料金は300円程度かかります。登録すると、「印鑑登録証」カードがもらえます。

 

 

登録する印鑑について

 

印鑑の登録は、実印にすることがほとんどです。シャチハタなどはやめておきましょう。ゴム印や欠けている印鑑は登録できません。文房具店や100円均一などで販売している印鑑も止めておくべきです。基本的に他の誰かが登録している印鑑と同じ物は登録できないようになっています。

 

サイズは8mmから25mmの範囲に収まるものが登録できます。素材も厳選しておくと安心ですよ。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法