引越し 手続き 一覧

チェックリストにしてみました

チェックリスト
引越しの手続きを一覧にして下記にリストにまとめました。チェックリストがあるだけで、とても作業がはかどります。漏れもなくなりますしね。
何事も準備が大切です。代理人を立てる場合は委任状なども必要になってきます。

 

独身かファミリーなど引越しする人数にもよりますが、面倒なのは住所変更届けの部分です。

 

下記に大まかなものは記載しておりますが、細かなものは個人個人で違ってきます。

 

特に、早めに手続きをしておかないと損をするケースもあるので早めに調べておいて、紙にでもまとめておくといいでしょう。
料金の支払いなども忘れずにしておきたい部分です。引越しを期に契約内容やプランなど見直しをしておくと節約にもなります。

 

下記リストは、早めに手続きをしておいたほうが良い順番です。

 

矢印

 

 

・今すんでいる場所が賃貸物件であるなら、大家さん or 管理会社に転居の連絡 1ヶ月前

 

・子供が学校へ通っていれば転校手続きをしておく

 

・銀行やクレジットカード会社、携帯電話会社など請求書が送られてくる会社へ住所変更届

 

・水道、電気、ガス会社へ解約連絡を入れる(開栓は引越し当日でもできます)

 

・固定電話がある場合、NTTに引っ越しの連絡を入れる

 

・役所で転入⇒転出届を出して住民票の移動をする

 

印鑑登録の変更も同時に役所で行いましょう

 

・国民健康保険の手続きも一緒に役所でしてしまいます

 

・各種手当や国民年金の変更手続きなども役所でします

 

・新聞購読の停止をしておきます

 

・定期的な宅配を利用していた場合、業者へ連絡を入れる

 

・保険会社に連絡を入れる(火災保険・地震保険など)

 

・家賃の支払いや敷金の返還請求などしておきます
 (立ち退きの際には国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを印刷して持っておきましょう)

 

・インターネットを使っているならプロバイダの解約や変更をしておく

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法