車庫証明 車検証 住所変更

車庫証明や車検証の住所変更する?

車庫
住所が変わったときに、車庫証明や車検証の住所変更をしなくてはならないのか?

 

答えは・・・しなければいけません。法律で決められていることです。守らなければ罰金もあります。

 

 

車庫証明・車検証共に住所変更後15日以内という期限も決められています。

 

 

免許証の住所変更を先に行うことをおすすめしますが、車庫証明の手続きは最寄の警察署で行います。駐車場を借りている場合は大家さん発行の保管承諾証明書や印鑑が必要です。申請書などの必要書類は警察署に置いてあります。

 

手数料として、3000円程度かかるのでお忘れなく。車庫証明の住所変更は本人のみ可能です。新しい車庫証明の交付に2〜3日かかります。

 

その後、陸運局へ印鑑・車庫証明・車検証・住民票をもって手続きをします。こちらは代理人でもOKです。ディーラーなどでも代行サービスを受けてくれます。その際には委任状が必要となります。こちらの手数料は300〜400円程度です。

 

引越し先が以前の陸運局の管轄と変わっている場合、ナンバーも変更になりますので、ナンバープレート代金2000円前後かかります。

 

 

車庫証明の住所変更をしていない人

 

ただ、実際には引越しをして住所が変わっても車庫証明の変更をしていない人は多いです。

 

一連の流れを見てもわかるように、警察署へは2回行かなければなりませんし、陸運局へも行かなければなりません。まあ、面倒なんですね。

 

同じ市内であれば納税証明書も届け先を変更すれば送られてきますし、車検も旧住所のままで受けることができるからです。

 

但し、先ほども述べましたが住所変更はしなければならないと法律で決まっています。

 

 

自動車税の納付について

 

意外と税金について質問されるので付け加えると、陸運局へいくことで、納税についての書類も書きますので納税についての不安はしなくても結構ですよ。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法