引越し 手続き 住民票

住民票の移動手続きは○○日以内に

住民票
引越しの手続きで困りがちなのが住民票の移動です。

 

 

住民票は、法律では引越しをしてから14日以内に移動させることになっています。

 

(転出届けは2週間前から、転入届けは14日以内)

 

 

ですが、登記やその他もろもろの関係で引越し前に住民票を移動させたいというケースもあります。これは、その人それぞれのライフスタイルによるものです。

 

 

結婚を機に引越しをするとか、就職・転職と同時に引越しをするとかですね。

 

 

こういった場合は、会社や旦那、奥さんなどの絡みがでてくるので、場合によっては、前もって住民票を移動したほうが、なにかとお得で手間が少ないケースがあるからです。

 

 

 

引越し後の住民票の手続きの方法は、

 

旧居の役所で転出届を出し転出証明書をもらい → 新しい引越し先の役所で転入届を出す!

 

 

これだけです。新居が前の住所と同一市区町村の場合は、転居届けだけでOKです。

 

手続きに必要なもの

 

必要なものは印鑑と身分証明書です。役所で身分証の提示を求められた際には、運転免許証やパスポート、保険証のどれかを見せると思いますが身分証明書が前住所になっていても問題ありません。身分証の提示は、本人確認の為ですので。

 

その際に、印鑑登録や国民健康保険などの住所変更もしておくと、役所へ行くのが一回で済むので、持っていくといいです。お金はかかりません。無料で手続きをしてくれます。

 

上記の身分証は、転入届の後に住所変更すればOKです。

 

 

郵送で手続きできる?

 

転出届だけは郵送で手続きができます。役所のHPに郵送用の書式がありますので、印刷して必要事項を記入します。身分証明書(写真付き)のコピーと共に、返信用封筒(切手も貼っておく)を入れて役所へ送ると転出届を送ってくれます。

 

「転出届」や「転居届」は郵送で手続きできません。

 

 

代理人に頼む場合

 

また、本人以外が住民票を移動させる場合には原則として委任状が必要となります。これは、親子であっても別世帯であれば代理人となり、委任状が必要です。

 

委任状は本人の自著捺印と代理人の身分証明書と印鑑があるといいでしょう。

 

 

届けが遅れた場合

 

先ほども述べましたが、原則として住民票の変更手続きは引越し後14日以内に行う必要があります。数日の遅れであれば黙認されることもあるかもしれませんが、裁判所から過料を請求されることもあるので、しっかりと期間内に役所の窓口へ提出しておきましょう。

 

 

マイナンバーについて

 

マイナンバーカードを一緒に持っていくと、役所の人間が裏に住所を書き換えてくれますが、必ずしも必要な行為ではありません。マイナンバーカードの住所も変更しておいたほうが便利になるとは思いますが、必須項目ではないことも知っておいてください。当然、書き換えないことに対する罰則も現在はありません。

 

ちなみに、マイナンバーカードがあると「住民票の写し」や「印鑑登録証明書」などをコンビ二で取得できるようになります。メリットとしては、役所まで行かなくて済みますし、早朝や深夜でも発行できます。(参照:総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|コンビニ交付

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法