高校 転校手続き 時期

高校の転校手続き方法

女子高生

高校生の転校手続きはちょっとややこしく、小学生や中学生の場合と比べると少し手間がかかります。まず、転入する高校を探すことから始めます。そして、その高校の編入試験か面接を受けて転入することを認めてもらわなければなりません。

 

試験のルールは学校によって異なるので引越し先の都道府県の教育委員会に問い合わせするといいでしょう。

 

試験や面接を行う理由としては、学力の問題が大きな理由です。転校生の学力が転校先の偏差値とかけ離れていれば、勉強についていけない可能性が高くなるからです。高等学校は義務教育ではないのでこれは仕方がないですね。

 

ですが、多少の配慮はしてもらえるようなので、できるだけ現在の学力と同程度の公立高校や私立高校を選ぶようにするといいでしょう。通信制を選ぶ人もいます。

 

また定員などの問題やカリキュラムの問題などで編入を断られることもあるので、複数の編入先をリストアップしておくことをおすすめします。

 


高校の場合、転校時期はいつがいい?

引越し時期を調整できるのであれば、やはり年度が変わる4月からの転校がベストでしょう。

 

地域にもよるのですが、基本的に年に3回は試験や面接などの「転入考査」が設けられています。いわゆる春休み、夏休み、冬休みの時期です。引越しの理由が親の転勤などであれば、この時期に合わせることができる人も多いでしょう。

 

これらの時期に転校の手続き(書類の提出など)を完了しておけば、新学期から通学することができて区切りがいいからですね。しかし、それ以外の時期であっても、やむを得ない理由があれば対応するようにしているようなので、転校先の高校へ問い合わせしてみるといいでしょう。

 

チェック引越し業者はもう決めていますか?

実は、引越し業者選びを間違うだけで、
料金を2倍多く支払ってしまっていることが、普通にあります。
数万円単位の金額が変わることなんてザラです。

ネットなら安い引越し業者が一目瞭然です。

このページで複数の引越し業者の見積もりが
一括で無料でとれるので、安い料金の業者がメール1通でわかります。

 


引越しを安い金額に抑える特別な方法